external storage unit

ARTICLE PAGE

英語の魅力(ちょっとだけNATOフォネティックコード編)

130601_2.jpg



Janet Jackson 90年代半ばから2000年に入る手前まで、彼女こそが世界最高の女性エンターテイナーであったという時代が確かにあったと、少なくとも自分は本気で信じています。小学校六年くらいのころ、年の離れた姉たちにつれられ大阪城ホールで行われた彼女のライブにいきました。ライブコンサートというものに初めて参加した興奮とともに、小学校と家の往復とはかけ離れた"非日常"を感じたことで今でも当時のことはよく覚えています。このツアーでは"rope burn"という曲の前に彼女が観客を一人指名し、ステージ上のイスに縛り上げ、曲の終盤でキスするという演出がありました。客を選ぶ演出で彼女が観客をステージ上から見て回るのですが、目があうとステージにあっがてチューされちゃう!と本気でビビってたのはいい思い出ですwともかく当時のアルバムは今でも頻繁に聴きます。車で夜遊びに出かけるときには最高のBGMだと思います。Velvet Rope 是非!!!!




130601_1.jpg



さてjanetの影響があったのか、自分は比較的英語が好きです。言葉のリズムとかちょっとしたユーモアなんかが好きです。音楽も洋楽が主ですし、映画も字幕で見た後は勉強もかねて英語字幕で見るようにしています(関係ないか)。そのなかでも好きなのがNATO phonetic alphabet (NATO フォネティックコード)です。無線通話なんかで正確に情報を伝えるためのアルファベットの通称です。ミリタリーやポリス、民間航空関連でも使われているそうです。
NATO フォネティックコード

例えば映画とかゲームの台詞で
"Brabo Team,the intel on this op comes from our infomant in Russia.."とかね!
隊員のコードがS117だったら"シエラ117"とかね!
White Houseなら"Whiskey Hotel"とかね!
隠語的なのに憧れてるのです!!!

130609blog.jpg



さらになんと!フォネティックコードはロシア版もあるんですって!!ほんとか?
なんにしても全く読めないし発音もわかんないですorz


来週金曜の学会に向けての追い込みで非常に多忙であります。
しかし土曜日には久々のサバゲ予定!これは頑張るしか無いいいい
今はサバゲしかストレスの捌け口が有りません。五月に行けなかったので今月は必ず行きたい。
5/29はバイトの先輩と攻殻機動隊ARISEを鑑賞し、5/30はどっかでサバゲーをと考えております。

130609blogMP5.jpg



一昨日に知り合いの方から夜戦の誘いが有りました。モンブランは夜戦初参加なのですが今からwktkです!
けど自分はAKしかもってないんすよ。
夜戦、というか夜うごめくっていったら黒ずくめにガスマスクのMP5SDじゃないすか!!!!
DevGru系は好きじゃないのでMP7は無しので。さらにMP5は伸縮式のホッそいストックが大好物です!

七月と八月は遊びます。それはもう、遊びますよ。


関連記事

0 Comments

Leave a comment