external storage unit

ARTICLE PAGE

理学部へようこそ!(きちゃダメ) vol.1

2e0b1_1266890.jpg



今年始めくらいだったか、TOOLというバンドを知りました。少し暗め重めの音楽が好きな自分にドストライクでした。様々な評価のあるバンドですが、自分はどっぷりぞっこんラブです。いやほんと溜まらんです。
きっかけとなったOZZ FEST JAPAN には参加できず非常に残念でしたが、いつか必ずライブにいきたいです。
THE GRUDGE / PARABOL-PARABOLA / AENIMA / LATERALUSE あたりがお気に入り 是非ご視聴あれ!!!!


walter-bishop-fringe.jpg



さて今回のネタは、自分が所属する理学部にしてみました。理学部とはどんなところ?何をやっているの?就職先はあるの?楽しい?しんどい?etc...  あなたの知らないサイエンスの世界をドドーンとご紹介しちゃいます!!
なんて書きましたが所詮、課題の期限が迫っているけれど手が着かない院生によるkill timeです。
便所でうんこでもしてサボってるときにでも読んで下さい。(お食事中のかた失礼!)

大学の理系学部というと、医学部、薬学部、工学部なんかがメジャーでしょうか。どの学部も名前からどういったことをしていて、卒業すればどういった職業に就くかも大体想像出来るでしょう。では理学部はどうか。
理学部 : Faculty of Science と、かなりおおざっぱな表記ですが決して誤りではありません。
そもそも理学部は大学という教育機関においてかなり歴史の古い学部です。医学部や薬学部、工学部が既存の科学知識を活用して社会に即貢献するのとは異なり、理学部では応用前の基本的な理論や現象を理解することを目的としています。

130524blog説明のコピー



乱暴に説明すると上の図みたいになります。自然現象のうち全く分からないものを、あの手この手で理解するのが理学部のお仕事。基礎研究とかいったりします。さらに基礎研究の成果を元に新たな技術を生み出すのが他の学部のお仕事。もちろん基礎研究もされている医薬学部もあります。てか殆どのところでされているのかな?

なので理学部での研究動機は、いかに社会に役立てるかと言ったものではなく(そう志す研究者も沢山いると思います)、研究者個人が"なぜ?"と興味をもつことが研究対象になるわけです。プロのオタクといわれる所以ですね。
そうなると集まる人間も必然的に変なひとが集まります。研究が本格化するのは大学院からなのですが、普通の人は就職しちゃいます。残るのは研究に興味の有る人間か、ダラダラとモラトリアムを継続している社会のゴミです。
ほら、ヤバイでしょ?
さらにそんな人間が自分の興味を追い続けていい大人になっちゃったんだから、大学教員もヤバイわけです。しかも彼らは大学と家の往復と言う生活ですから、あまり社会と関わらず独特なルールで生きている人が多いです。
ほら、もうダメでしょ?
理系文系に関わらず、大学教授なんて信用しないほうがいいですよ!
とまあダメなところばっかりですが、たまーにいいことも有ったりする訳でそれは次回にでも。


130524AK今昔


イライラにまかせてウェザリングやらウッドの再塗装などしています。できたらupしたいです!
関連記事

0 Comments

Leave a comment