external storage unit

ARTICLE PAGE

[雑記] 無限の住人、SPECTRE。

こんにちはっす。
タイトルにある2作品の鑑賞記録っす。
ネタバレしてまっす。



無限の住人

まずは2015年俺漫画史における最高のスマッシュヒット『波よ聞いてくれ』の作者、沙村広明先生のデビュー作である『無限の住人』です!遅ればせながら、昨年になってようやく沙村先生を知り、『波聞』『お引越し』『ハルシオンランチ』『春風のスネグラチカ』に続いてのデビュー作読了です。

とにかくも"女性を苦しめる"描写が圧倒的に上手い沙村先生独特の筆致を堪能していただきたいです。出てくる女性キャラが一通り肉体的・精神的に攻撃されるのですが、異性ながら本当にキツイ描写が多い。けれど氏の画が凄まじいばかりに、どれも美しいんですよ。ほんとに美しい。”見ちゃいけないけど見たい!”っていう、顔を覆った手の指間から凝視する感じでしょうか。腕とか足とかバンバン切り飛ばされますし、女性キャラの半分以上は虐待され、ほとんどが瀕死か虐殺される(この辺のモチーフは『人でなしの恋』や『ブラッドハーレーの馬車』で遺憾なく発揮されているようなのでご興味のある方は是非!自分は未読です笑)。けれどどこか"美しい"と感じてしまう。とんでもない魅力を放つ絵ですし、これだけで『無限』は読む価値があります!ところどころの"決め絵"もありめちゃくちゃかっこいいですし、そこまでのコマ割もまた雰囲気を最高に盛り上げてくれます!やっぱ漫画は画が8割っすよ(似た傾向の絵としては『孤高の人』の坂本眞一先生なんかが近い気がします)。

またストーリーも良かった。連載当初こそ画力で引っ張るチャンバラ漫画かと思いましたが、中だるみ(いわゆる人体実験編)を越えたあたりからは怒涛のように重厚な人間模様が描かれていました。この辺りはすでに指摘されているように一ノ関圭先生の影響でしょうか。家族を惨殺された少女と、その復讐を手伝う不死の用心棒。それを取り巻くキャラ達が皆一癖も二癖もあり、尚且つこれでもかと、その個性を遺憾なく発揮できるよう(一般人にははた迷惑笑)描かれています。単純な善悪では無い人の"情念"がひたすら濃く挙げられており、思春期真っ盛りの中高生(下手をするとその後悪影響が笑)から50近い中高年の方(吐鉤群の無念をご堪能下さい!)にとっても、鑑賞に堪える内容です。ネットではるろ剣と比較されることもあるようですが、作画、ストーリー、キャラ立ち、全てにおいて『無限』を推します。



SPECTRE.jpg

はい!来ました!SPECTRE!
2015年は『MI;5』『キングスマン』『UNCLE』とスパイ映画が大豊作!そしてトリは『007:SPECTRE』!!!!前作『SKYFALL』が大好き、監督続投ということで超期待大で観てきました!月並みですが、最高でした!!
シリアス路線のこれが王道。かっこいいものはかっこいいんだよ!!!
Daniel Craigを見てくれ!まさに現代版JAMES BOND!!鍛え上げられた肉体。洗練された身のこなし。どんな困難にもぶれ無い知性と勇気。色気!スーツ!スーツ!!Tom Ford!!!!今作での引退が濃厚なだけに、もう彼のJBが見れ無いなんて。。。。。
ストーリーはそこそこですが、絶頂期を迎えたダニエル-ボンド(と埃まみれのTom Ford)は必見です!



関連記事

0 Comments

Leave a comment